PR

開拓の村全体を1日で計測

 今回、開拓の村を点群データ化するための、現場での計測作業はわずか1日で完了することができた。

 これだけの短時間で計測できたのは、広い範囲はドローンによる空撮写真で、建物の外壁や内部は3Dレーザースキャナーでと、計測手段を効率的に使い分けたおかげだ。

ドローンと3Dレーザースキャナーによる計測で作られた「開拓の村」全体の点群データ(資料:岩崎)
ドローンと3Dレーザースキャナーによる計測で作られた「開拓の村」全体の点群データ(資料:岩崎)
[画像のクリックで拡大表示]
3Dレーザースキャナーで計測した建物内部の点群データ(資料:岩崎)
3Dレーザースキャナーで計測した建物内部の点群データ(資料:岩崎)
[画像のクリックで拡大表示]
石段や植栽もリアルに点群データとして再現された(資料:岩崎)
石段や植栽もリアルに点群データとして再現された(資料:岩崎)
[画像のクリックで拡大表示]
動画による計測の様子とデータのデモンストレーション(資料:岩崎)

 ドローンと3Dレーザースキャナーの“いいとこ取り”をすると、このような大規模な施設も、短時間で計測し、リアルな3Dモデルが作れる時代になってきた。今後、歴史的な建物や土木施設の3Dモデル保存に拍車がかかりそうだ。