PR

大ブロックに続いて小ブロックの架設

 日付が変わって深夜1時、今度は上層桁の小ブロック架設を約40mの高さから見る。橋桁が550t吊りクローラークレーンで吊り上げられている。

(写真:大上祐史)
(写真:大上祐史)
[画像のクリックで拡大表示]

 先ほど架設された大ブロックの横に、小ブロックが設置される。

(写真:大上祐史)
(写真:大上祐史)
[画像のクリックで拡大表示]

 落し込み予定位置に降ろされた橋桁は、人の手で調整されていく。

(写真:大上祐史)
(写真:大上祐史)
[画像のクリックで拡大表示]

 午前1時30分、動きのある作業は完了した。このあと固定作業などの微調整が行われる。

(写真:大上祐史)
(写真:大上祐史)
[画像のクリックで拡大表示]