PR

第三京浜をまたいだ2層の橋桁

 この見学会の4日前に架けられた橋桁と、このとき使われた超大型の1350t吊りクローラークレーンを確認できた。全体の道路の線形から、ここがジャンクションであることを実感する。
(関連記事:第三京浜をまたぐ上下2層の横浜北西線

(写真:大上祐史)
(写真:大上祐史)
[画像のクリックで拡大表示]

 第三京浜道路の上部に、横浜環状北西線の2層の橋桁が架設されている。4日前の夜間の一括架設を見ていたが、青空の下で見ると圧巻だ。

(写真:大上祐史)
(写真:大上祐史)
[画像のクリックで拡大表示]

 横浜港北JCTの内側をパノラマで見る。中央にあるのは料金所だ。

(写真:大上祐史)
(写真:大上祐史)
[画像のクリックで拡大表示]

 「横浜環状北西線建設現場 見学撮影会(第3回)」はここまでとなる。
横浜環状北西線は、2020年東京オリンピック・パラリンピックまでの供用開始を目指して整備が進められている。

(写真:大上祐史)
(写真:大上祐史)
[画像のクリックで拡大表示]

 横浜市では、横浜環状北西線建設現場フォトコンテスト(北西線フォトコン)を実施している。

「横浜環状北西線建設現場フォトコンテスト・現場見学撮影会」
  • テーマ:北西線のダイナミックな建設現場
  • 応募対象作品:今まで撮った北西線の建設現場の写真(沿道からでも、現場見学会で撮影したものでもOK。)
  • 応募期限:2017年12月31日(日)23:59
  • 公式サイト:北西線フォトコン

工事の概要は以下の通り。

  • 工事名:高速横浜環状北西線(川向地区)街路整備工事(橋りょう上部工)
  • 工事費:約32億6000万円(税込み)
  • 発注者:横浜市
  • 受注者:宮地エンジニアリング・古河産機システムズJV
  • 工事名:高速横浜環状北西線(川向地区)街路整備工事(橋りょう上部工)(その2)
  • 工事費:約33億8000万円(税込)
  • 発注者:横浜市
  • 受注者:横河ブリッジ・IHIインフラシステムJV
  • 工事名:高速横浜環状北西線港北地区下部・基礎工事
  • 工事費:約40億9000万円(税込)
  • 発注者:首都高速道路
  • 受注者:オリエンタル白石
  • 工事名:高速横浜環状北西線港北地区上部・橋脚(その1)工事
  • 工事費:約54億2000万円(税込)
  • 発注者:首都高速道路
  • 受注者:東京鉄骨橋梁(現在は日本ファブテック)・瀧上工業JV
  • 工事名:高速横浜環状北西線港北地区上部・橋脚(その2)工事
  • 工事費:約51億円(税込)
  • 発注者:首都高速道路
  • 受注者:IHIインフラシステム
  • 工事名:(高負)高速横浜環状北西線他トンネル・半地下・擁壁・土工等工事
  • 工事費:約30億円(税込)
  • 発注者:首都高速道路
  • 受注者:戸田建設
筆者の大上祐史さんは、インフラ建設現場の見学会などに積極的に参加してリポートするウェブサイト「ラジエイト」を運営しています。