日経不動産マーケット情報トップ池袋エリアの募集賃料調査 > 記事(前のページ)

池袋2016上半期:賃料は全体的に低下

2016/11/16

池袋エリアの1坪あたりの募集賃料の推移
(期間:09Q1~16Q2、単位:円/坪)(資料:ビーエーシー・アーバンプロジェクトの資料を基に日経BPインフラ総合研究所が作成)
池袋エリアの募集件数の推移
(期間:09Q1~16Q2)(資料:ビーエーシー・アーバンプロジェクトの資料を基に日経BPインフラ総合研究所が作成)

 池袋の2016年第2四半期における1階の平均募集月坪賃料は2万円、前年同期比77%と大幅な低下となっている。物件が少ない影響が大きく、2016年第1四半期は前期比では上昇しているため、実際の賃料としてはそこまでの落ち込みにはなっていないと考えられるが、ピーク時に比べると低下した。

 1階以外については、2016年第2四半期の平均募集月坪賃料は1万7000円、前年同期比88%と1階同様に低下傾向。過去5年で最も低い水準であり、駅至近の公募が少ないこともあるが、エリア全体として賃料が落ちてきている。

調査対象エリア
豊島区西池袋1丁目、東池袋1丁目、3丁目、南池袋1丁目、2丁目(資料:ビーエーシー・アーバンプロジェクト)

2016年上半期に池袋エリアで取引された商業施設

※上記記事は日経不動産マーケット情報の会員のみ閲読できます。

ビーエーシー・アーバンプロジェクト社会インフラ ラボ

ページの先頭へ

日経不動産マーケット情報トップ池袋エリアの募集賃料調査 > 記事(前のページ)