日経不動産マーケット情報トップニュース > 記事(前のページ)

【募集】みなとみらい44街区の事業者を公募、UR

2020/02/20

みなとみらい21中央地区44街区の一部

 独立行政法人都市再生機構(UR)は2020年2月、横浜市西区みなとみらい4丁目に所有する土地の暫定利用事業者の募集を開始した。対象地の面積は9604m2。事業用定期借地権を設定し、2020年7月1日から10年間を借地期間とする。最低月額賃料は650万円。企画提案内容と入札額を総合的に評価する。募集要領などの配布は3月10日までで、申込受付は3月9日と10日。3月26日に開札する。

 対象地はみなとみらい線の新高島駅から徒歩4分、みなとみらい駅からは徒歩7分、みなとみらい21中央地区44街区の北側部分だ。北東側はみなとみらい大通り、南西側は首都高速神奈川1号横羽線に面し、容積率800%の商業地域に指定されている。用途は店舗またはオフィスなどを中心とする。

 対象地の一部では2020年2月から一定期間の予定で、時間貸し駐車場を設営している。同街区の南側部分では積水ハウスがウェスティンホテル横浜を建設中だ。総延べ床面積6万5877m2で、2022年春の開業を予定している。

日経不動産マーケット情報

ページの先頭へ

日経不動産マーケット情報トップニュース > 記事(前のページ)