日経不動産マーケット情報トップニュース > 記事(前のページ)

【開発】“名古屋最後の一等地”に10万m2の複合ビル、三菱地所など

<訂正あり>

2020/03/27

名古屋市は、栄地区の中心部に位置する栄広場とその周辺地(錦3丁目25番街区)の開発事業予定者に、三菱地所を代表とする4社の企業グループを選定した。2026年の開業をめざして、ホテルやオフィス、シアター、店舗などからなる複合ビルを開発する。

ページの先頭へ

日経不動産マーケット情報トップニュース > 記事(前のページ)