日経不動産マーケット情報トップニュース > 記事(前のページ)

【売買】恵比寿の新築マンションを売却、第一リアルター

2020/07/06

カーサスプレンディッド恵比寿1丁目アネックス

 第一リアルター(本社:港区)は2020年5月、渋谷区恵比寿1丁目にある賃貸マンション、カーサスプレンディッド恵比寿1丁目アネックスを売却した。買い主はSPCのプラチナ・レジデンシャル特定目的会社だ。

 マンションは、JR恵比寿駅から徒歩8分の距離にある。恵比寿郵便局交差点から北側に少し入ったところだ。地上10階建て、延べ床面積950m2の規模で、第一リアルターが2020年に開発した。戸数は19。間取りは約19m2の1LDKタイプと約44m2の2LDKタイプがある。

 第一リアルターは2020年1月、同マンションに隣接するカーサスプレンディッド恵比寿1丁目をプラチナ・レジデンシャル2特定目的会社に売却したこともわかっている。今回の買い主のSPCと同じ運用主体によるものとみられるが、いずれも投資家属性や取得目的は不明だ。


[売買の概要]
名称:カーサスプレンディッド恵比寿1丁目アネックス
買い主:プラチナ・レジデンシャル特定目的会社
売り主:第一リアルター
所在地:渋谷区恵比寿1-32-8(住居表示)、1-49-6ほか(地番)
最寄り駅:JR恵比寿駅徒歩8分
面積:土地222.17m2、延べ床950.42m2
構造:RC造
階数(地上/地下):10/0
用途:住宅、店舗
戸数:19
用途地域:近隣商業
容積率:400%(法定)
竣工:2020年
取引時期:2020年5月(引渡)
取引形態:信託受益権(受託者:みずほ信託銀行)


[登記情報]
建物(PDF)土地(PDF)

日経不動産マーケット情報

ページの先頭へ

日経不動産マーケット情報トップニュース > 記事(前のページ)