日経不動産マーケット情報トップニュース > 記事(前のページ)

【開発】住友不動産が羽田空港近くに3棟、1700室のホテル

2016/07/13

東京国際空港(羽田空港)の沖合展開で生じた跡地第2ゾーンを、住友不動産を代表とするグループが開発する。計1704室から成る3棟のホテルを中心とし、商業施設やバンケットルーム、バスターミナルなどで構成。24時間対応の「おもてなしセンター」を設け、訪日外国人のニーズなどにも対応する。国に支払う地代は年間27億円だ。

ページの先頭へ

日経不動産マーケット情報トップニュース > 記事(前のページ)