日経不動産マーケット情報トップ市場分析レポート・ディレクトリ > 記事(前のページ)

【分析】オーストラリアへの影響は少ない新型コロナ、Colliers

2020/03/04

新型コロナウイルスはアジアの経済成長を停滞させる一方、オーストラリアへの影響は比較的低いと見られる。アジアの小売りセクターは深刻な打撃を受けている。感染のピークが上半期だとすれば、下半期の市況回復を見込んで割安な投資ができるチャンスだ。中国では、需要が急増している物流施設(活動がティア2都市へ移転しつつある)とデータセンターに注目したい。香港では、オフィスおよびホテルに力強い価格回復の機会が生じている。シンガポールでは、中長期的な成長が見込まれるオフィスやホテルが有力だ。日本では、東京オフィスの投資妙味が引き続き高い。先端物流施設も注目されている。地方のホテルは供給過剰だ。オーストラリアは影響が最も少ない。所得増がオフィスや産業用不動産の価格上昇を後押ししている。

日経不動産マーケット情報

ページの先頭へ

日経不動産マーケット情報トップ市場分析レポート・ディレクトリ > 記事(前のページ)