日経不動産マーケット情報トップ市場分析レポート・ディレクトリ > 記事(前のページ)

【分析】空室率が低下傾向のシンガポールオフィス市場、大和不動産鑑定

2020/03/16

シンガポール政府が発表によれば、2019年第4四半期(10月~12月)時点で同国オフィス市場の賃貸可能床面積は810万8000m2、空室率は10.5%だ。同市場は、2016年後半からの大量供給によって空室率が上昇したが、その後の2018年以降は供給量が減って空室率の低下が続いている。

日経不動産マーケット情報

ページの先頭へ

日経不動産マーケット情報トップ市場分析レポート・ディレクトリ > 記事(前のページ)