日経不動産マーケット情報トップ市場分析レポート・ディレクトリ > 記事(前のページ)

【分析】シンガポール物流施設の稼働率は88%程度で安定、大和不動産鑑定

2020/03/16

シンガポール政府系機関によれば、2019年第4四半期(10月~12月)時点で同国物流施設市場の供給床面積は1098万1000m2に達し、10年前の2009年第4四半期に比べて約1.6倍になった。大量供給があった2017年を除き、毎年の新規供給量は30万m2程度。需給は安定的で2019年第4四半期の稼働率は88.0%となっている。

日経不動産マーケット情報

ページの先頭へ

日経不動産マーケット情報トップ市場分析レポート・ディレクトリ > 記事(前のページ)