日経不動産マーケット情報トップ市場分析レポート・ディレクトリ > 記事(前のページ)

市場分析レポート・ディレクトリ

【分析】商業施設の収益性などを考察、都市未来総研

2020/03/25

商業施設は、所在地域や物件タイプ(入居テナントの業態)によって、テナントの売上高水準や収益特性、賃貸借契約形態が異なり、賃貸収入や価格の水準や変動に大きな差がみられる。REITが保有する商業施設のデータを使い、所在地・物件タイプ別の賃貸収益と価格の動向を概観。そのうえで、商圏人口の減少やオーバーストア、総合スーパー(GMS)業態の構造不況などが懸念される郊外・地方に立地するショッピングセンターを取り巻く環境やその有効活用について考察した。

日経不動産マーケット情報

ページの先頭へ

日経不動産マーケット情報トップ市場分析レポート・ディレクトリ > 記事(前のページ)