都心オフィス空室率が2カ月連続で上昇、三鬼商事

2016/04/07

日経不動産マーケット情報

2016年3月時点の都心5区オフィス空室率は前年同月比(YoY)-0.96ポイント、前月比(MoM)+0.30ポイントの4.34%と2カ月連続でMoMプラスとなった。大型解約は少なかったが新規供給の影響で、空室面積はMoM+2万4000坪程度となっている。新築ビルは、竣工1年未満のビルで大型成約があったが、3月に竣工した大規模ビル3棟を含む6棟の一部で募集面積が残っているため、空室率はYoY-0.96ポイント、MoM+6.23ポイントの29.40%とMoMプラスとなった。既存ビルは、新築ビルへの移転による解約があったものの、拡張移転などの成約が見られたことから、YoY-0.95ポイント、MoM-0.02ポイントの3.78%と小幅なMoMマイナスになっている。坪あたり募集賃料はYoY+4.52%、MoM+0.39%の1万7973円。新築ビルはYoY+11.40%、MoM+4.40%の2万9142円、既存ビルはYoY+4.64%、MoM+0.36%の1万7730円だ。

日経不動産マーケット情報