日経不動産マーケット情報トップ市場分析レポート・ディレクトリ > 記事(前のページ)

東京プライムリテール市場は需要が堅調、JLL

2017/04/26

2017年第1四半期(1月~3月)の東京プライムリテール市場は、2017年4月に竣工したGINZA SIX(ギンザ シックス)などの大型商業施設が多くの需要を吸収した一方、表参道で豪飲食店Fratelli Paradisoや米飲食店Umami Burgerが新規開業するなど、需要は堅調に推移した。銀座ではCOSやSantoni、ボンポワンの開業も予定されている。1階坪あたり月額賃料は安定的に推移し、銀座は前期比横ばいの27万5000円、表参道も同横ばいの21万5000円だ。グローバル プライムリテール クロックでは、東京プライムリテールの賃料はピークに近づいている。今後、堅調な出店需要と限定的な供給を背景に、賃料は上昇基調が続くとみられる。ただし、賃料が前回ピークに迫っていることから、上昇ペースは減速する見通し。投資利回りの低下余地は限定的となっており、価格は主に賃料を反映して上昇する見込みだ。

日経不動産マーケット情報

ページの先頭へ

日経不動産マーケット情報トップ市場分析レポート・ディレクトリ > 記事(前のページ)