日経不動産マーケット情報トップ市場分析レポート・ディレクトリ > 記事(前のページ)

【調査】プライム店舗賃料の横ばい続く、CBRE

2018/08/09

■東京プライム店舗の想定成約賃料@2018年第2四半期
 40万円(QoQ横ばい) ※12四半期連続横ばい
  ▼銀座:路面店初出店や立地改善をめざして高級ブランドの出店ニーズが増加
   ●空室率:1.7%(YoY+0.7ポイント、QoQ-0.1ポイント)
  ▼表参道・原宿:好立地物件で現状賃料以上の高級ブランド出店ニーズが集まる
  ▼新宿:ドラッグストア集積エリアで新たなドラッグストア出店計画
  ▼渋谷:公園通りの好立地でスポーツ用品店の出店内定
■大阪プライム店舗の想定成約賃料@2018年第2四半期
 30万円(QoQ横ばい) ※8四半期連続横ばい
  ▼心斎橋:心斎橋筋商店街を中心にドラッグストアや家電量販店の出店ニーズ
  ▼梅田:訪日客の取り込みを狙ったドラッグストアの出店ニーズが増加
■名古屋プライム店舗の想定成約賃料@2018年第2四半期
 14万円(QoQ横ばい) ※2期連続横ばい
  ▼栄:高級ブランドで複数の路面店初出店ニーズ

※想定成約賃料は坪あたり月額(共益費込み)。東京は銀座、表参道・原宿、新宿、渋谷。大阪は心斎橋、梅田。名古屋は栄。第2四半期は4月~6月。YoYは前年同期比、QoQは前期比

日経不動産マーケット情報

ページの先頭へ

日経不動産マーケット情報トップ市場分析レポート・ディレクトリ > 記事(前のページ)