日経不動産マーケット情報トップ市場分析レポート・ディレクトリ > 記事(前のページ)

広がり始めた国内年金基金の海外私募ファンド投資、ニッセイ基礎研

2015/08/25

国内年金の投資運用で、海外不動産を対象とした私募ファンドへの投資が少しずつ広がり始めている。海外不動産に対し、情報の少なさや為替リスクから投資を躊躇する年金基金が多い一方、地域分散や投資機会拡大を求めて検討に着手する年金基金も見られる。投資手法としては、これまでは海外REIT(不動産投資信託)を選択することが多かったが、私募ファンドも選択されるようになってきた。これらのファンドに投資済みの年金基金にアンケートした結果によると、投資対象国は米国が5割近く、次いで英国と、先進国がほとんどだ。ファンドのタイプはコアタイプが9割近くを占める。海外不動産私募ファンドへの投資はまだ黎明期だが、投資商品の選択肢は広がりつつある。選定にあたっては市況や運用実績などを検討するプロセスも求められる。

日経不動産マーケット情報

ページの先頭へ

日経不動産マーケット情報トップ市場分析レポート・ディレクトリ > 記事(前のページ)