日経不動産マーケット情報トップ市場分析レポート・ディレクトリ > 記事(前のページ)

都心5区オフィス空室率が4.53%に低下、三鬼商事

2015/10/09

2015年9月時点における都心5区のオフィス市況は、空室率が前年同月比(YoY)-1.12ポイント、前月比(MoM)-0.19ポイントの4.53%となり、5カ月連続のMoMマイナスだった。空室面積はMoM-1万5000坪程度となっている。新築ビルは、大型空室の一部に成約がみられたが、満室稼働ビル1棟が既存ビルへ区分変更されたこともあり、空室率がYoY+24.36ポイント、MoM-2.91ポイントの38.26%だった。既存ビルは、大型解約が少ないなかで大型成約がみられ、YoY-1.44ポイント、MoM-0.15ポイントの4.03%となっている。坪あたり募集賃料はYoY+4.70%、MoM+0.59%の1万7594円と、小幅な上昇が続いている。新築ビルはYoY+3.09%、MoM+0.40%の2万7833円、既存ビルもYoY+4.86%、MoM+0.58%の1万7407円だ。

日経不動産マーケット情報

ページの先頭へ

日経不動産マーケット情報トップ市場分析レポート・ディレクトリ > 記事(前のページ)