日経不動産マーケット情報トップ市場分析レポート・ディレクトリ > 記事(前のページ)

野村不動産系3REITの合併で51銘柄に、ARES

2015/11/04

2015年10月末時点のREIT(不動産投資信託)51銘柄の時価総額は10兆3582億円だった。10月2日に野村不動産系3投資法人が合併。時価総額4位の総合型REIT、野村不動産マスターファンド投資法人が誕生した。26日には、いちごホテルリート投資法人の上場が承認されている。11月30日に9物件204億円(総客室数1257)で運用を開始する予定だ。10月に発表されたREITの資産取得は36件で1171億円。星野リゾート・リート投資法人の6物件428億円(ANAクラウンプラザホテルなど)や、日本リテールファンド投資法人の5物件685億円(郊外型商業施設)などが含まれる。一方、売却は17件814億円が発表された。10月に取得を完了した資産は1151億円、11月以降に取得予定の資産は999億円。売却については10月に742億円を完了し、11月以降に101億円を予定している。

日経不動産マーケット情報

ページの先頭へ

日経不動産マーケット情報トップ市場分析レポート・ディレクトリ > 記事(前のページ)