日経不動産マーケット情報トップニュース > 記事(前のページ)

【プロジェクト】銀座の竹中工務店東京本店跡地で延べ床4万8000m2のオフィスビル建設、住友不動産

2007/03/20

汐留浜離宮計画の完成予想(資料:住友不動産)
汐留浜離宮計画の完成予想(資料:住友不動産)

 住友不動産と汐留浜離宮特定目的会社は2007年3月、中央区銀座8丁目の竹中工務店東京本店跡地で、賃貸オフィスを中心とする複合ビルの建設工事に着手した。地上21階地下2階建て、延べ床面積4万7968m2の規模で、完成は2009年8月の予定だ。

 建設地は浜離宮恩賜庭園に近く、地下鉄築地市場駅から徒歩4分の場所にある。以前は菱進浜離宮ビルヂングが建っており、竹中工務店が東京本店として全フロアを賃借していた。2005年3月に、大成建設が設立した汐留浜離宮特定目的会社が開発用地として推定約380億円で取得した。

 建設するビルは地下2階~地上2階が文化・交流施設、3階~21階が賃貸オフィスとなる。オフィス部分の専有面積は1フロアあたり1486m2だ。2階と3階の間には高さ4.65mの風抜き層を設け、ビル風の緩和やヒートアイランド現象の抑制を図る。低層部には屋上緑化を施す。

 住友不動産は近接する街区に、汐留住友ビルと東京汐留ビルを所有している。新たに建設するビルは、同社が汐留エリアで所有する3棟目の大規模ビルとなる。3棟の延べ床面積を合計すると約10万坪になる。

〔開発の概要〕
名称:汐留浜離宮計画(仮称)
建築主:住友不動産、汐留浜離宮特定目的会社
所在地:中央区銀座8-219-10ほか(地番)
最寄り駅:地下鉄築地市場駅徒歩4分
面積:土地4413.39m2、延べ床4万7968.97m2
構造、階数(地上/地下):S・SRC造、21/2
設計:日建設計
施工:大成建設
工期:2007年3月~2009年8月(予定)

日経不動産マーケット情報

ページの先頭へ

日経不動産マーケット情報トップニュース > 記事(前のページ)