日経不動産マーケット情報トップニュース > 記事(前のページ)

【売買】四番町の東亜建設工業本社ビルを377億円で取得、昭栄

2007/12/20

東亜建設工業本社ビル
東亜建設工業本社ビル

 昭栄は12月20日、千代田区四番町にある東亜建設工業の本社ビルを取得した。取得価格は377億円。2008年1月に東亜建設工業から引き渡しを受ける。

 東亜建設工業本社ビルは地下鉄麹町駅から徒歩3分、日本テレビ通りと番町学園通りに面する角地に立っている。土地面積2628m2、地上8階地下2階建て、延べ床面積1万4916m2の規模で、1961年に竣工した。土地は容積率600%の商業地域と同400%の第二種住居地域に指定されている。周辺はオフィスビルやマンションが立ち並ぶエリアだ。

 昭栄は2010年初めまでの約2年間、東亜建設工業にビルを賃貸する。その後、オフィスを主用途とするビルに建て替える計画だ。施工は東亜建設工業が中心となって手がける。東亜建設工業の本社の移転先は決まっていない。

名称:東亜建設工業本社ビル
買い主:昭栄または同社が組成する特定目的会社
売り主:東亜建設工業
価格:377億円
所在地:千代田区四番町5(住居表示)
最寄り駅:地下鉄麹町駅徒歩3分
面積:土地2628.25m2、延べ床1万4916.05m2
構造、階数(地上/地下):SRC・S造、8/2
竣工:1961年
取引時期:2007年12月

日経不動産マーケット情報

ページの先頭へ

日経不動産マーケット情報トップニュース > 記事(前のページ)