日経不動産マーケット情報トップニュース > 記事(前のページ)

【売買】シンプレクスがプレリートファンドIVの運用を開始、セボン関内第二ビルなどを組み入れ

2007/12/10

シンプレクス・インベストメント・アドバイザーズは2007年9月、シンプレクス・プレリートファンドIVの運用を開始した。東京と横浜にあるオフィスビル8物件を投資対象としたファンドで、資産規模は約121億円。2011年8月までの4年間を運用期間とし、安定した収益の確保をめざす。

ページの先頭へ

日経不動産マーケット情報トップニュース > 記事(前のページ)