日経コンピュータ表紙

日経コンピュータ

  • 隔週木曜日発行(年26冊)
初回ご契約時の購読料10%OFF 購入特典:最新IT用語辞典2018 定期購読のお申込みはこちら
日経コンピュータ表紙
  • 隔週木曜日発行(年26冊)
  • 購読料金(いずれも税込)
  • 1年(26冊):24,900円
  • 3年(78冊):52,300円
初回ご契約時の購読料10%OFF 購入特典:最新IT用語辞典2019 定期購読のお申込みはこちら
  • 携帯・PHSでのお申込み
  • 03-5696-6000
  • 年中無休 9:00~22:00

「日経コンピュータ」はITコーディネータ協会認定 定期刊行物です。
定期購読いただくと、ITコーディネータの知識ポイントを取得できます(協会への申請が必要となります)。

日経コンピュータ 2018年10月11日号のご案内

日本企業がAIをどんな目的で導入し、どう活用・工夫しているのか。大手100社の実態について調査しました。設備の異変を察知して故障を減らすような効率化の活用事例が多いのでは――。このような予測は見事に外れ、本業強化にAIを生かそうと模索する日本企業の姿が浮かび上がりました。特集は必読です。調査は日本経済新聞と協力しました。専門記者の技術力や先読み力と新聞記者の機動力を生かしたコラボ企画に今後もご期待ください。
編集長 大和田 尚孝

特集1

100社が明かすAI活用

初調査で見えた 用途・工夫・課題

  • 攻めのAI活用が始動
  • 6社が挑むサービス革新
  • 専門力まで代替する6社
  • AI全社展開への課題

特集2

インターネット選挙の衝撃

スマホで投票、見えた現実解

  • 宇宙からも投票できる
  • まず在外選挙から

ニュース & リポート

  • ファストリ・グーグル協業の深層
  • シリコンバレーNextマイクロソフトがSFDC包囲網
  • NTTデータが通年採用を検討、中西発言が契機
  • サイバー損失額の計算式が完成
  • 海賊版サイト対策、議論が迷走
  • 「オンボロの刷新を」、経産省が異例の要請
  • 参入相次ぐ情報銀行、勝算はあるか
  • 説明可能なAI、IBMや富士通が開発
  • リクルートが「IoT座布団」導入
  • 乱反射「データをクラウド大手に置くな」と伝説の人物
  • 2weeks from 日経 xTECHソフトバンク、1030万通のメール消失 ほか

定期購読(6ヵ月分)のお申込みはこちら

フォーカス

全面デジタルで飛躍へ
ANAが目指す近未来

動かないコンピュータ

沖縄戦のアーカイブサイトが休止
「何百年も語り継ぐ」目標、5年で挫折

沖縄県

ケーススタディ

AIで質問分析、回答支援
コールセンター応対時間を3割減

東日本旅客鉄道

ニッポンIT事件史

[2004年 ― 平成16年 ―]
顧客情報相次ぎ流出
Winny事件で波紋

データは語る

働き方改革に前向きな企業は63%

キーワード

常時SSL(Always on SSL)

挑戦者

スタートバーン 社長
施井 泰平 氏

8兆円の美術品市場を創出
ブロックチェーンで挑む

インタビュー

日本瓦斯(ニチガス) 社長
和田 真治 氏

ガス会社からプラットフォーマーへ
業界の異端児、IT活用に熱

極言正論

必要となる事業「停止」計画
システム運用体制の再点検を

連載

  • 新連載 今求められる「サイバーBCP」
    サイバー攻撃で事業停止、あなたの企業は復旧できるか
  • AIで激変!2030年のオフィスと組織
    AIと共存する未来のマネジャー、複雑な業務を少人数で
  • 現場を元気にする組織変革術
    運用部門に元気を取り戻す、NTTデータCCSの挑戦
  • ザンネン社員が学ぶデジタルビジネス創成術
    販路と合わない商品は売れない、クッキーをデジタルで拡販
  • なぜなぜ分析でヒューマンエラー撲滅
    どの場面を事象に選ぶか、「最も良くない状態」を優先
  • 社長の疑問に答えるIT専門家の対話術
    ビジネスアジリティを目指す、アジャイルなやり方は無い

定期購読(6ヵ月分)のお申込みはこちら

らくらく購読コース

本サイトから定期購読をお申込みいただくと、初回ご契約の購読料金が10%OFFとなります。

らくらく購読コースは、自動的に購読が継続されるので、
更新の手間がかかりません(5年購読を除く)。

購読料金のお支払い(一括前払い)につきましては、クレジットカードとなります。


定期購読のお申込みはこちら

最新IT用語辞典2019

新規お申込みのお客様全員にプレゼント!

最新IT用語辞典2019

(B6版 260頁 非売品)

最新のIT用語辞典をコンパクトに!

「この用語の意味を知りたい」「何となく分かっているが定義をしっかり確認したい」「この略語の読み方と正式表記は何か」・・・。仕事を進める上のこうした疑問に応えるため、日経コンピュータ編集部が日々蓄積している最新情報をもとに編集した最新版。
「情報システム略語辞典」(約1300語)、「最新基本用語辞典」(約500語)、「情報システム単位一覧」をコンパクトにまとめました。いつでも手元に置いてご活用ください。


定期購読のお申込みはこちら